仏教、キリスト教、世界の宗教、哲学、歴史美術全般、古本買取

語録

「899日目、楽しいと思ったら楽しいし苦しいといえば苦しいし、でもこれが私の定め」(塩沼亮潤)

2015年11月10日

 

 

【人生生涯小僧のこころ】塩沼亮潤著 致知出版社 平成24年16刷発行 より。

 

 

これは大峯千日回峰行という、超人的修行をなし得た住職の899日目の言葉。

誰しも「まさに自分の今と同じだ」と思う言葉でございます。

こういう何気ない言葉が沁みますなぁ。

しかもこの塩沼亮潤さん、プロフィールを見ると、昭和43年仙台市うまれ、61年東北高校卒業とありますので、私のひとつだけ先輩なのです。

という事は2年間は同じ学び舎で過ごしたわけですから、廊下や学食などですれ違ったりしていると思われます。

売切れ直前の揚げパンを争って買った仲かもしれません。

著書に塩沼亮潤さんのお顔が出ており、それを見ても当然見た記憶は無いのですが、同じ学校出身というだけで応援したくなるので人間っていうのは単純なものです。

そしてそこが素晴らしいところでございます。

 

 

さて!当店では仏教書の買取を強化中でございます!

古本出張買取お任せください!お見積り・出張費もちろん無料!

関八州全域、100冊以上で喜んで飛んでゆきますよ!遠方もご相談下さい!

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂(アゲハドウ)
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153

 

 

 

 

 

 

 

「人のさとりをうる、水に月のやどるがごとし。月ぬれず、水やぶれず」(道元)

2015年7月28日

[道元という生き方] 立松和平著 春秋社2003年初版発行 より。

こういう、日本人として、無理のない、当たり前の事を説かれると、日本人としてグッときますな。

大いに琴線が揺さぶられます。

揚羽堂は道元他、禅関連書物の買い取りを強化中です!

ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

 

 

 

 

「借金して明日起きるより、今夜食わずに寝よ」(ベンジャミン・フランクリン)

2015年6月12日

【人生がもっと豊かになる「お金」の格言1000】別冊宝島編集部編 2011年初版発行 より。

そうそう、その通りでございます。

ベンジャミン・フランクリンの時代と、今現在、こういう部分はまるで同じですね。

人は今までも、そしてこれからも、弱い生き物なのでしょう。

尚、揚羽堂はベンジャミン・フランクリン関連書物の買い取りを強化中です!
ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

「撫塵は昨なれども、不惑催す」(空海)

2015年6月5日

【空海 人生の言葉 人生を切りひらく200の金言】川辺秀美=編訳 

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010年初版 より。

「撫塵(ぶじん)は昨(きのう)なれども、不惑催す」、これは口語訳で、

赤ちゃんだったころが昨日のことのように思えるのに、もう四十になってしまった。という事だそうです。

同じ事を常日頃、私も思っているように、平安時代の、しかも空海のような超人も同じ事を思っているのですね。

尚、空海の命日は835年4月22日。なんと私、古書窟揚羽堂の誕生日でございます。

4/22とは、カントの生まれた日であり、空海の亡くなった日でもあるんですねぇ~

さて!古書窟揚羽堂は現在、日本仏教・真言宗・真言密教関連の古書・古本の買い取りを強化中でございます!

ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

 

 

「行を終えたら行を捨てよ」(塩沼亮潤)

2015年6月3日

【人生生涯小僧のこころ 大峯千日回峰行者が超人的修行の末につかんだ世界】

塩沼亮潤著 致知出版社 平成24年16刷 より。

「行を終えたら行を捨てよ」、これはなかなかなお言葉だと思います。

先月の売り上げはよかったのになぁ、とか、買取の問い合わせが去年に比べて減ってしまったなぁ、とか、

そんな泣き事を云っていては、今この瞬間を生きられないぜ!と教えて下さる言葉です。

ありがたい。

古書窟揚羽堂は仏教書関係の古本の買い取りも喜んで行っております!
ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

 

 

 

「創作は心の中の旅人の姿を、人に伝えたくて現れる夢の具象化である」(松本零士)

2015年3月6日

 

【クイーンエメラルダス2】松本零士著 講談社漫画文庫のあとがきより。

今日は仕事中、ついつい手に取ってしまったクイーンエメラルダスの文庫漫画全2巻を読み終えてしまいました。

よし、これから仕事だ!

古本買取 古書買取のご依頼、ご相談は
専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

 

 

「嘘も方便なんてことがあるものか。嘘は嘘だ。此の世は煉獄だ」(中原中也)

2015年3月3日

 

【名言 中原中也】彩図社 平成19年初版より。

最近の、残酷なニュースの報道を見てると誠にいたたまれない気持ちになります。

法律とか、弁護士とか、正義の為には無いように思えますね。

 

 

 

 

 

「おれも妾腹の上に、母親の顔も知らぬ男ゆえなあ・・・」(鬼平)

2015年2月12日

 

【鬼平犯科帳1】池波正太郎著 文春文庫より。

電車でどこかに向かう時に持ち歩き、ゆっくりとじっくりと読み進めている鬼平犯科帳も只今、12巻目。

このシリーズは全24巻なのでようやく半分。

まだ半分残っているんだという希望と共にもう半分しか残っていないのだという寂しさもございます。

とにかく夢中になる池波文学。最高です。(もう剣客も梅安も読み終えてしまっております)

古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

 

「迷えば凡夫、悟れば仏」(鈴木正三・江戸期の禅僧)

2015年1月29日

【仏教伝道365日法話 秋・冬編】ひろさちや著 四季社 平成23年初版 より。

 

ひとつの事象も己の心掛けによって変わって見えるという事ですね。

常に悟りの境地に居たいものです。

 

古書窟揚羽堂は禅関係の古本の買い取りも喜んで行っております!
ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

「感謝の精神は最も深い屈辱感と最も深い反抗の感情を伴っている」

2015年1月28日

 

【完全解読 ヘーゲル『精神現象学』】武田青嗣/西研著 講談社選書メチエ 2007年初版 より。

う~ん、難しいですね。私はわりに気安くいつも周りの皆様に感謝しまくっている気がします。感謝の精神、大安売り!

 

さて、当古書窟揚羽堂はヘーゲル他、哲学書全般の古本買取を強化中です!
ご依頼、ご相談は
古本買取 古書買取専用フリーダイヤル
0120-915-153
まで、宜しくお願い申し上げます。大量大歓迎!

東京大田区の古本屋 古書窟揚羽堂

 

 

 

1 / 512345